公開日時 : 2024年02月02日
カテゴリ:歯科衛生士国家試験
出題年次:2014年|出題回数:23回

科目:臨床歯科医学
加圧根管充_時の術式の模式図を別に示す。矢印に示す材料の性質で正しいのはどれか。2つ選べ。

加圧根管充_時の術式の模式図を別に示す。矢印に示す材料の性質で正しいのはどれか。2つ選べ。

選択肢

  • A:可塑性
  • B:接着性
  • C:抗菌性
  • D:生体親和性
続きを見る
回答は:A
解説
ガッタパーチャポイントは、根管内を緊密に封鎖するために使用される。薬理作用はない。熱可塑性(熱で軟らかくなること)があるので、根管形態に合わせやすい上、生体組織に対して害をなすことが少なく、生体親和的である。接着性はない。したがって、正解はaおよびdとなる。

出題頻度:1