公開日時 : 2024年02月02日
カテゴリ:歯科衛生士国家試験
出題年次:2014年|出題回数:23回

科目:臨床歯科医学
上下顎の歯の接触状態の異常はどれか。2つ選べ。

選択肢

  • A:挺出
  • B:咬頭干渉
  • C:歯間離間
  • D:外傷性咬合
続きを見る
回答は:B
解説
咬頭干渉とは、顎を動かしたり、上下の歯をかみ合わせたときに、邪魔な位置で咬頭があたってしまう(干渉する)ことをいう。外傷性咬合とは、歯周組織に外傷性変化(咬合性外傷)を起こしやすいような咬合の状態をいう。これは、高すぎる歯科補綴物や充填物などによることが多い。以上に対して、挺出とは、対合歯が抜けて噛み合う歯が無くなってしまった場合にみられる。また、歯間離開とは、歯と歯の間に隙間が生じている状態をいう。いずれも歯が接触していない状態についてのものである。したがって、正解は、bおよびdとなる。

出題頻度:3