公開日時 : 2024年02月02日
カテゴリ:歯科衛生士国家試験
出題年次:2014年|出題回数:23回

科目:臨床歯科医学
コンポジットレジン修復後に歯質とレジン間に間隙を生じる原因はどれか。

選択肢

  • A:光照射時間の不足
  • B:ボンディング材の塗布
  • C:プライマーの過剰塗布
  • D:コンポジットレジンの重合収縮
続きを見る
回答は:D
解説
コンポジットレジンには、光重合型と化学重合型とがあるが、どちらにしても、固まる際に、重合収縮というものが起こる。ドロドロとしていたものが固まって、少し小さくなる現象が重合収縮である。したがって、正解はdとなる。

出題頻度:3