上顎乳切歯3級窩洞のコンポジットレジン修復に使用する器材はどれか – 歯科保健指導論

投稿者:
科目名:歯科診療補助論| 出題年次:2015| 出題頻度:3| 出題回数:24

問題:
上顎乳切歯3級窩洞のコンポジットレジン修復に使用する器材はどれか。

  • 選択肢-A:クラウンフォーム
  • 選択肢-B:マトリックスバンド
  • 選択肢-C:サービカルマトリックス
  • 選択肢-D:セルロイドストリップッス

回答:4

詳細解説:
3級窩洞コンポジットレジン修復では、ウェッジを用いて歯間分離を行い、セルロイドストリップスを歯肉側窩縁に適合させる。クラウンフォームは4級窩洞に、マトリックスバンドは2級窩洞に、サービカルマトリックスは5級窩洞にそれぞれ用いられる。したがって、正解はdとなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です