根管治療でガス排出を必要とする症例に用いられる仮封材はどれか – 歯科保健指導論

投稿者:
科目名:歯科診療補助論| 出題年次:2014| 出題頻度:3| 出題回数:23

問題:
根管治療でガス排出を必要とする症例に用いられる仮封材はどれか。

  • 選択肢-A:水硬性仮封材
  • 選択肢-B:仮封用軟質レジン
  • 選択肢-C:サンダラックアルコール
  • 選択肢-D:テンポラリーストッピング

回答:3

詳細解説:
ガス排出を必要とすることから、完全仮封ではなく、排圧が可能な穿通仮封を選択することになる。穿通仮封の方法として、綿球をサンダラックアルコールに浸して髄腔内に置くやり方が用いられる。したがって、正解はcとなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です