公開日時 : 2024年02月02日
カテゴリ:歯科衛生士国家試験
出題年次:2014年|出題回数:23回

科目:臨床歯科医学
7歳の男児、上顎左側第一大臼歯に冷水痛を訴え来院した。エックス線写真により歯髄に近接した透過像を認めた。浸潤麻酔下で軟化象牙質を除去したが、軟化象牙質が残存した状態で水酸化カルシウムを貼付後仮封し、3か月後に再度の来院を指示した。この術式はどれか。

選択肢

  • A:生活断髄法
  • B:直接覆髄法
  • C:歯髄鎮静療法
  • D:暫間的間接覆髄法
続きを見る
回答は:D
解説
暫間的間接覆髄法とは、歯髄の生活力が旺盛な幼若永久歯や乳歯に用いられ、すべての罹患歯質を除去すると露髄の危険がある場合、罹患歯質を残して間接覆髄を行い、水酸化カルシウム系薬剤を覆髄剤として用い、3か月程度おいておくことで、水酸化カルシウムにより歯髄内の象牙芽細胞に刺激を与え、歯髄腔内の第二象牙質の生成を促すやり方である。したがって、正解はdとなる。

出題頻度:2