公開日時 : 2024年02月02日
カテゴリ:歯科衛生士国家試験
出題年次:2014年|出題回数:23回

科目:臨床歯科医学
26歳の女性、上顎左側第二小臼歯の冷水痛を訴え来院した。コンポジットレジン修復を行うこととした。初診時の口腔内写真(写真A)、う蝕検知液使用時の口腔内写真(写真B)および窩洞整理後の口腔内写真(写真C)を別に示す。この操作により除去されたのはどの層までか。

26歳の女性、上顎左側第二小臼歯の冷水痛を訴え来院した。コンポジットレジン修復を行うこととした。初診時の口腔内写真(写真A)、う蝕検知液使用時の口腔内写真(写真B)および窩洞整理後の口腔内写真(写真C)を別に示す。この操作により除去されたのはどの層までか。

選択肢

  • A:多菌層
  • B:寡菌層
  • C:先駆菌層
  • D:混濁層
続きを見る
回答は:C
解説
写真Bにはう蝕検知液により赤く染まった象牙質が見えているが、写真Cでは赤く染まっていない。このことから、う蝕検知液により染まった外層の多菌層、寡菌層、先駆菌層が除去され、内層である混濁層が残っていることがわかる。したがって、正解はcとなる。

出題頻度:3