SEARCH
powered by
多くの視点に触れ可能性を広げられる職場

医療法人社団 清慈会

多くの視点に触れ可能性を広げられる職場

東京都の歯科医院「医療法人社団 清慈会」に勤める大森 祐一郎先生のインタビュー記事です。人材育成のポイントや、院長からのメッセージも掲載しています
歯科医師 大森 祐一郎

医療法人社団 清慈会

歯科医師 大森 祐一郎 先生

日本大学松戸歯学部卒

休日は、当法人以外の医院でも非常勤として研鑽を積むほか、治療に関する動画を見ながらイメージトレーニング。リフレッシュしたいときは、映画や好きな洋楽のライブへ足を運ぶ。

なりたい歯科医師に
一歩一歩近づける場所

ー入職した決め手は?

就職先を決めるにあたり、考えていた選択軸は2つありました。一つは「歯科医師として幅広い見識を高められること」。もう一つは「基礎からきちんと学べる環境であること」。そのため、合同就職説明会で当法人に出会った際、理事長が知識・技術に加えて指導経験も豊富なことを聞き、ここでなら、着実に成長していけると思ったんです。加えて、三田パーク歯科クリニックの院長が長く大学に勤務されていたことにも魅力を感じ、入職を決めました。

ーどんな教育システムがある?

院長による一対一の指導が基本です。最初はできることから少しずつ実践。慣れてからも質問には手間暇を惜しまず答えてもらえますし、都度アドバイスも受けられます。また、週1回は4人の同期と共に内外の専門家の講義を受講。医科、歯科、口腔外科、経理、労務、法律など多岐にわたる分野について高いレベルの知識を習得できる上に、各医院に勤める仲間と情報交換し合えることがうれしいですね。同期は東京歯科大学・日本歯科大学卒業なのですが、出身校の垣根なく切磋琢磨しています。

技術だけでは半人前
気遣いも仕事の一つ

ー当法人の魅力は?

法人内で2院を掛け持ちして勤務できることです。私は三田パーク歯科クリニックと御徒町パーク歯科クリニックで診療していますが、それぞれの院長の下で学ぶことで、柔軟な考え方を養えていると実感しています。特に三田院の安田院長は、基礎をとても大切にする方なので、まずはベースを固めたいと考えていた私にとって打ってつけの環境でした。また、ダブルワークが許可されていることも当法人の特徴。どんどん世界を広げて、外で得てきたことをここで治療に生かしてほしいという考えがあるんです。現在私も、休日を利用して他院に勤務しています。異なる環境でさまざまな治療を経験することにより、一つの症例を多角的な視点で見られるようになりましたね。さらに、会計士や社労士の方から直接話を聞ける機会も多数。将来独立した際の経営に生かせる知識を得られます。

ー心がけていることは?

御徒町院の院長から言われた「病気を診る前に、まず人を見ろ」という言葉が私のモットーになっています。歯科医師という仕事をする以上、悪いところを治すのは当然ですが、治療を通して患者さんの心を満足させることも重要です。入職したての頃はどうしても治療することに頭がいっぱいになって、ちょっとした患者さんの反応や変化に気づかないことがありました。特に訪問診療で接する方は、コミュニケーションを取ることが難しいことも多く、なかなか気持ちをくみ取れなくて。院長にそう言われてからは、「医療は人と人との関わり」なんだということを意識して治療に臨んでいます。今では患者さんの表情や様子をしっかり見て、話し方などにも気を配って治療ができるようになりました。

チャレンジのためにも
今はスキルの純度を高める

ー現在の課題や今後の目標は?

当法人では本来、一人の患者さんに対する診療は約30分が基本ですが、じっくり落ち着いて取り組めるよう、今は60分程度かけて治療させていただいています。そのため、クオリティーを落とすことなくスピーディーに治療できるようになることが現在の課題です。口腔を見てどのような処置が必要なのか判断する力は、実践経験を積めたことで身についてきたと感じていますが、まだまだ学びたいことはたくさんあります。まずは保険診療をきちんとマスターした上で、難しい症例にもチャレンジしていきたいですね。

ー求職者の方へメッセージを

当法人には、決められた教育プログラムはありません。それぞれのレベルやペースに合わせて段階を踏んで教えていくスタイルなので、焦ることなく一段ずつステップアップしていけます。加えて、グループ内のどの医院も雰囲気が良く、優れた先生たちから多くを学べるのも魅力。歯科医師としての第一歩を踏み出すのに、最適な環境ですよ。

Education
教育・研修体制

グループ内の医院ごとに指導方法や方針に違いはあるが、共通して大切にしていることは「基礎の習得」。応用に生かすためにも、基本スキルを確実に習得できるよう指導している。

Pick up マンツーマン指導

教育プログラムがない反面、何でも質問しやすい環境。個々のペースやスキルに合わせて院長がマンツーマンで教えていくので、しっかり理解するまで何度も繰り返し学ぶことができる。

Pick up 週1回の新人勉強会

週1日、新人歯科医師が集まって、内外の専門家から講義を受けるクルズスを開催。歯科のみならず、医科大学教授の講義や、経理・労務・法律など独立後に役立つ知識など内容はさまざま。

Pick up 臨床と練習の積み重ね

ある程度基礎が身についてきたら、実際に患者さんを担当。実践経験を積みながら、都度フィードバックをもらい、知識と技術の定着を図る。また、施術スキルを磨いていくため、空き時間を利用して手技の練習も同時に行う。

Message
院長からのメッセージ

院長安田 源沢 先生 日本大学歯学部卒

2005年
  • 日本大学歯学部卒業
  • 日本大学歯学部付属歯科病院にて臨床研修
2006年
  • 日本大学大学院歯学研究科に所属
2010年
  • 日本大学歯学部専修医 就任
2011年
  • 東京都新島村本村歯科医長 就任
2016年
  • 医療法人社団 清慈会 入職
  • 三田パーク歯科クリニック院長 就任

日本歯科保存学会/日本口腔インプラント学会

自由だからこそ、挑戦のサポートは惜しまない

当法人が重視しているのは、「歯科医師それぞれの個性を生かす」ということ。決してこちらから仕事や勉強を押し付けることはしません。言い換えれば「自由」であり、やりたいことにどんどんトライできる環境です。意欲的に学ぶ姿勢さえあれば、いくらでもスキルを伸ばすことが可能。もちろん、そのためのサポートは惜しみません。着実にステップアップできる方向性を示しながら教えていくので、勉強熱心な方はぜひ一緒に頑張りましょう!

医療法人社団 清慈会を知る
3つのQ&A
- About Our Clinic -

Q1 診療の特徴は?

A1保険診療と自費診療、外来と訪問をバランス良く取り扱っており、歯科医師としてオールラウンドなスキルを身につけられます。若手の歯科医師はグループ内の2院で診療を行うため、患者層の違いや医院それぞれの考え方を肌で感じることができます。

Q2 女性の働きやすさは?

A2常勤・非常勤を問わず女性歯科医師が活躍しています。また、社会保険など大型法人ならではの充実の福利厚生を用意。休日も週休2日制と3日制から選べるほか、勤務先の選択も可能なので、ライフスタイルに合わせた働き方ができます。

Q3 職場の環境は?

A3理事長や各院の院長をはじめ、若く意欲的な歯科医師が多く、気兼ねなく何でも相談しやすい雰囲気です。設備面でも滅菌機器を備えるなど、安心・安全な環境づくりに注力しており、理事長こだわりのホテルのような落ち着いた内装も特徴です。
大森 祐一郎先生が働く職場の求人情報はこちら

関連インタビュー

« TOPページへ戻る

大森 祐一郎先生が働く
職場の求人情報はこちら

GRANDEで求人情報を見る »

« TOPページへ戻る