SEARCH
powered by
自分の足で立てる歯科医師へと成長しよう

こまき歯科医院

自分の足で立てる歯科医師へと成長しよう

大阪府の歯科医院「こまき歯科医院」院長 小牧 誠史先生のインタビュー記事です。人材育成のポイントや、医院をより深く知るためのQ&Aなども掲載しています
院長 小牧 誠史

こまき歯科医院

院長 小牧 誠史 先生

大阪大学大学院歯学研究科卒

大阪大学の関連病院で外科的処置を必要とする難症例を数多く経験。日本口腔外科学会専門医、歯科医師臨床研修指導医。

口腔外科時代の経験が
「今」に生きている

ー開業までの経緯は?

大阪大学の関連病院の口腔外科に長年勤める中で、一般歯科領域でも自分の能力を発揮したいという思いが徐々に膨らんできたことが、開業のきっかけです。幸いしたのは、外科治療と並行して義歯や根管治療といった一般診療もやっていたこと。当時、私が師事していた第一口腔外科の教授は「口腔外科の人間は手術ばかりやるのが通例になっているけれど、歯科医師なのだから一般の診療もできないといけない」と、いつもおっしゃっていました。

ー診療面でのモットーは?

当院の患者様の3割は、口腔外科領域の症状で来院されています。全身麻酔が必要な一部の症状を除き、すべて当院で治療を行っています。難症例や外科処置が必要な場合、大学病院などに患者様を紹介する歯科医院が多いと思いますが、長い時間待たされたり、手続きが面倒だったりと、大きな病院に行くことは患者様にとってあまりメリットがありません。私が口腔外科時代に培った経験を生かして、唇や舌の手術を含めた特殊な外科的処置を必要とするものやドライマウス、口腔カンジダ症など、一般の歯科医院では治療しないような症例にも意欲的に取り組んでいます。

患者様が歯医者へ抱く
マイナスイメージを払拭したい

ー経営面でのモットーは?

歯科医師のワーキングプア化が社会問題視されている昨今、マーケティングや経営戦略ばかりに重きを置かれる風潮があります。ですが、問題の根底にあるのは、歯医者や歯科医師という仕事自体に魅力がなくなっていることだと私は考えています。アメリカでは、歯科医師はなりたい職業No.1であり、歯医者はとても魅力的な場所。そんな場所を目指し、お子さんにはクリスマス会や職業体験を、高齢者には講習会を開くなど、患者様や地域の方々と交流する場も設けています。

ー当院の特徴は?

開業時から変わらず心がけているのは「親しみやすさ」です。ハイレベルな治療を受けるためには、高いお金を出して、有名なところに行かなければならない、と思っている患者様も多いのではないでしょうか。でもその先入観をいい意味で裏切りたいと思っています。「最先端の治療を受けられるが、親しみやすい」と思っていただけるような医院が目標。そのため、人との距離が近く、下町感あふれる商店街の一角に医院を設立しました。受付の上方にはテレビがあり、医院の外からでも観られるようになっているのですが、スポーツ中継を見るために医院前に人だかりができることもあります。街の人たちが自然と集まり、知らない人同士テレビの話題で盛り上がる。そんな街頭テレビがあった時代のように、人の輪の中心にある医院にしたいと思っています。

対等に議論を交わせる
〝同志〞を募集!

ー普段、心がけていることは?

患者様の胸襟を開きやすくするため、初診の方にはカウンセリングルームで歯科衛生士か歯科助手が問診をします。歯科医師が治療にあたる際も、事前に必ず治療説明の映像を観てもらうなど、インフォームドコンセントを実践しています。治療が終わった患者様などには当院に対するご意見を書いてもらっており、スタッフからのコメントを添えた上で待合室の壁に貼り出しています。この取り組みも患者様とコミュニケーションを図る方法の一つです。

ー最後に、求職者の方へメッセージを

歯科医療に正解はありません。経験を積んでいるからといって、私が教えることがすべて正しいわけでもない。若い歯科医師ならではの新しい着眼点や柔軟な考え方を注入してくれることを期待しています。たとえば私が提起した問題に対して、講習会などで学んだことを踏まえながら、私とは違うやり方でアプローチしていってもらいたいと思っています。大事なのは、対等な立場で議論して、お互いに高め合うこと。〝同志〞となってくれるような方をお待ちしています!

Education
教育・研修体制

それぞれの能力や経験年数、ビジョンに応じた柔軟なカリキュラムによって育成していきます

Pick up 強みは口腔外科

院長は口腔外科の専門医。口腔がんなどの粘膜疾患や、顎関節症の治療なども行っています。また、埋伏抜歯やサイナスリフト、ソケットリフトなどの高度なインプラント治療にも対応。ハイレベルな技術に触れられる機会が多くあります。

Pick up 柔軟な教育体制

マニュアルのひな型を用意しているとはいえ、特にこれと決まった研修制度は設けていません。一人ひとりに合わせて院長と先輩歯科医師が手厚く指導。補綴や根治などの基礎から外科処置やインプラントまで、まんべんなく学ぶことができます。

Pick up 副院長を目指せる

ある程度の技術を身につけた後は、医院経営にも携わってほしいと考えています。スタッフ育成や経営ノウハウも学べるので、将来開業したい方にも最適の環境です。

Pick up 多様な働き方ができる

常勤だけでなく、非常勤の歯科医師も活躍している当院。週2~ 3 日の勤務や夕方までの勤務など、希望に合わせて曜日や時間を選択することができ、ライフスタイルを大事にした働き方が可能です。仕事内容についても、歯科医師それぞれのレベルややりたいことを尊重。院長の診療の見学やアシスタント業務から始めて段階的にステップアップすることも、臨床経験をどんどん積んでいくこともできます。

こまき歯科医院を知る
3つのQ&A
- About Our Clinic -

Q1 休暇は取りやすい環境ですか?

A1夏季には8 日、冬季には7 日の長期休暇を設けており、GW 休暇もあります。また、有給休暇の取得も推奨しており、通常の休みと合わせて連休にしていただくことも可能です。実際にスタッフ皆、積極的に有休を消化しています。

Q2 どんな福利厚生がありますか?

A2甲子園球場の年間シートを購入しており、いつでも阪神戦の観戦が可能。座席は内野席三塁側、ネットに近いところなので、選手を間近に見ることができます。その他、家賃補助や資格取得支援制度、学会・研修会費の支給などの待遇も備えています。

Q3 来院患者様の層は?

A3近くにマンションが立ち並んでいることもあり、お子さんからご年配の方まで幅広い年代の患者様が来院されます。矯正治療を実施している木曜日の午後はお子さんの患者様が多いので、待合室が遊園地のようににぎやかになります。

医院情報

こまき歯科医院

  • こまき歯科医院大阪府大阪市淀川区西三国3-18-1 三国ホープハウス1F
小牧 誠史先生が働く職場の求人情報はこちら

関連インタビュー

« TOPページへ戻る

小牧 誠史先生が働く
職場の求人情報はこちら

クオキャリア歯科医師で
求人情報を見る »

« TOPページへ戻る