SEARCH
powered by
100% の治療を目指して常に自分をアップデート

医療法人 スマイルプラン

100% の治療を目指して常に自分をアップデート

大阪府の歯科医院「医療法人 スマイルプラン」に勤める高城 志宜先生のインタビュー記事です。人材育成のポイントや、理事長からのメッセージも掲載しています
歯科医師 高城 志宜

医療法人 スマイルプラン

歯科医師 高城 志宜 先生

長崎大学卒

日本口腔インプラント学会/大阪口腔インプラント研究会「患者様に喜んでもらえる治療」を目指し、臨床で技術を磨く傍ら、国内外のセミナーにも積極的に参加。

ライバルへの競争心が
前進する動力に

ー入職の決め手は?

教育体制が整っているところです。「習うより慣れろ」という考え方の医院もありますが、私は一つひとつの治療に対し、どの程度のクオリティーであれば成功と言えるのか、100%の完成形を学んでからそのゴールを目指して治療にあたりたいと考えていました。その点、当法人では講義と実習によるトレーニングの後にテストを受け、理事長や院長に認められてはじめて患者様の治療ができます。最初の1年をどう過ごすかはとても大切。これからの長い歯科医師人生の基礎づくりをしっかりしたいと考え、当法人を選びました。

ー実際に働いてみての印象は?

私が入職した年は4人、翌年は3人と、毎年若手の歯科医師が続々入職しているので、切磋琢磨できる環境ですね。実際、周りに負けたくない、誰よりも早く前に進んで優れた治療をしたい、という想いが私の原動力になっています。また、理事長をはじめ、院長や先輩が、技術の進歩に合わせて常に知識を更新しているところも印象的でした。皆さん熱心に勉強されていて、心から尊敬できる存在です。特に理事長は、納得がいくまで理想の治療を追求し、簡単には真似できないほど高いレベルの技術と知識を持っています。院長もとても質の高い治療をされていますし、その技術を目の前で学べて、マンツーマンで指導してもらえる点も魅力。毎年当法人に若手のドクターが集まるのも、こういう先生方の下で働きたいと考えるからでしょうね。

学びたいという気持ちが
理想の医療へつながっていく

ーどのようにスキルアップしていった?

新人の間は、治療後に毎回院長が患者様の口内をチェックしてくれます。できているところ、できていないところに具体的なアドバイスをもらえるので、着実に一つひとつクリアできました。最初は詰め物のセットやCRなど易しい治療からのスタートですが、2年目にはインプラントなどの外科処置もさせてもらえるようになり、現在は自費治療がメイン。入職時に思い描いていたキャリアを歩めていると思います。

ー臨床以外の学びの機会は?

院内の勉強会で学べるだけでなく、外部のセミナーにもどんどん参加できます。先日は有給休暇を取って、院長と二人でアメリカのハーバード大学へ短期留学に行きました。セミナーでの勉強や海外研修は理事長自身が通ってきた道。学びたいという想いに共感し、後押ししてくれるので、とても勉強しやすい環境です。

歯科医師の課題はすべて
患者様のためにある

ー現在の目標は?

治療全般を全て自分の力でできるようになることです。サイナスリフトなど、まだ経験していない治療にも挑戦したいですね。その上で、私の治療を希望してくださるファンの患者様を作りたい。これは歯科医師である限り、持ち続けたい目標です。自分が100点と思える治療をするだけでは、ただの自己満足。やはり歯科医師としての一番のやりがいは、患者様に喜んでいただけることです。患者様の表情や声のトーンで感情を読み、怪訝な顔をされている時は特に時間を割いて十分に説明したりと、〝満足〞を引き出せる診療を行っていきたいと思っています。

ー今後の展望は?

理事長は歯科業界の現状に疑問を持ち、日本の歯科全体のレベルを高めたいという大きな考えを持っています。私も一緒にそのビジョンを追いかけたいという想いもありますし、スマイルプランのグループ医院として開業したいという気持ちもあります。また、完全な独立開業も選択肢の一つ。ただ、開業にはリーダーとしての資質も必要となるので、それを勤務医の間にどう磨くかという課題もあります。そういった開業の厳しさを教えてくれるのも理事長。数ある選択肢からどれを選ぶかはまだ決めていませんが、どの道を進もうとも応援してくれるのが当法人です。今は先を見据えながら、一つひとつの技術をしっかり積み上げたいと思います。

Education
教育・研修体制

講義と実習によるトレーニングプログラムを用意。体系化された教育システムで着実にスキルアップできる。また、院内勉強会のほか、外部セミナーへの参加も支援している。

Pick up キャリアパスを設定

1 年目は保険診療からスタートし、2 年目以降は徐々に高度な自費診療をマスター、4 年目には副院長という大まかなキャリアパスを設定。開業を考える歯科医師には、分院長の経験を通して開業医に必要なスキルを学ぶ機会も提供しています。

Pick up グループ勉強会

2 ヶ月に一度はグループ全体の歯科医師と歯科衛生士が集まって勉強会を実施。症例発表や個々で参加したセミナー情報の共有を行い、互いに学びを深めています。

Pick up グループ内歯科技工所

技工物は外注せずグループ内で製作しているため、歯科技工士と歯科医師が綿密に連携。患者様にとって最善の技工物をつくるための知識と技術を間近で学ぶことができます。

Message
理事長からのメッセージ

理事長山本 恒一 先生 大阪大学歯学部卒

1999年
  • 大阪大学歯学部卒業
2004年
  • 茨木市にやまもと歯科クリニック開院
2008年
  • 医療法人スマイルプラン設立
2012年
  • 高槻市にさくら歯科クリニック開院
2016年
  • 茨木市にオーク歯科クリニック開院

国際インプラント学会(ICOI)認定医/東京SJCD会員/日本口腔インプラント学会/日本歯科審美学会/日本顕微鏡歯科学会、日本顎咬学会

世界トップクラスの歯科医療を共に目指しましょう

歯科医師は一生を賭けるに値する仕事です。患者様のために学び続け、スキルを磨き続けることが自分の楽しみとなり、生きがいにもなるなら、それは良い歯科医師人生と言えるのではないでしょうか。当法人には勉強を支援する体制と、難症例にも挑戦できる環境があります。最高の高みに到達できるように、時代に求められる歯科医師に必要なスキルの全てを学びにきてください。

医療法人 スマイルプランを知る
3つのQ&A
- About Our Clinic -

Q1 海外研修に行く機会はありますか?

A1海外でのセミナー参加や短期留学の希望にも柔軟に対応します。昨年は、1年目のドクターから理事長まで、歯科医師全員でアメリカのサンディエゴで開催された審美の世界大会を視察しました。宿泊などの費用は法人で支援しています。

Q2 どのような設備がありますか?

A2グループの全医院にCT とマイクロスコープを導入しているほか、セレックやインプラント専用のオペ室も完備。衛生管理も徹底しているため、安心して治療に取り組むことができます。

Q3 接遇について学ぶことはできますか?

A3患者様の表情を読み取って、不安がないようにしっかりと説明することも歯科医師の大事な仕事の一つ。当法人では月に一度、コンシェルジュが講師となって正しい敬語の使い方や電話応対、コミュニケーション方法についての研修を行っています。
高城 志宜先生が働く職場の求人情報はこちら

関連インタビュー

« TOPページへ戻る

高城 志宜先生が働く
職場の求人情報はこちら

GRANDEで求人情報を見る »

« TOPページへ戻る