SEARCH
powered by
地方から歯科医療を変えていく

医療法人 誠信会Y.C. デンタルクリニック

地方から歯科医療を変えていく

愛知県の歯科医院「医療法人 誠信会Y.C. デンタルクリニック」理事長 山田 章貴先生のインタビュー記事です。人材育成のポイントや、医院をより深く知るためのQ&Aなども掲載しています
理事長 山田 章貴

医療法人 誠信会Y.C. デンタルクリニック

理事長 山田 章貴 先生

愛知学院大学歯学部卒

子どものころ、大好きだった知り合いのおじさんにお菓子をあげたら、「歯が痛くて食べられない」と言われた経験があり、それがきっかけで歯科医師を志した。

良い治療をすれば、患者様は来る
それを証明したかった

ーこの場所で開業した理由は?

当院のある場所は、駅から遠く、住宅も少ない、いわゆる「田舎」。しかし、たとえ立地条件が悪くても、良い治療をすれば患者様は来るということを証明したかったんです。私が調べた中では、ここがもっとも繁盛しなそうな場所だったので、あえてここを選びました(笑)。でも実は、日本中のほとんどが「田舎」。患者様がぜひ受けたいと思うような治療技術を、当院のような場所でも提供できるようになっていけば、日本全体の医療がもっと良くなると思います。今振り返ると、この場所でやってきて良かった。患者様や地域の方々に支えられて、10年間やって来られました。

姿勢と技術
その両面から築く信頼関係

ー診療に対する想いは?

どんなに丁寧に治療をしても、穴が空いたところを詰めただけでは、いずれまた壊れてしまいます。根本的に解決するには、穴が空いた原因にさかのぼって考えることが必要。そして、原因を追究すると、人に突き当たるんです。私が一番大切だと感じているのは、「歯を見ない、人を見る」ということ。歯に意志はありませんが、人には意志や気持ちがある。損得なしに人と向き合うことが私の歯科医師としての矜持であり、治療を成功させるに不可欠だと思っています。 例えば、治療計画は私たちが立てますが、それは必ずしも絶対ではなく、時に患者様の気持ちや想いを反映させる場合もあります。これはまた、地方における成功の秘訣でもあります。地域の生活に密着した場所だからこそ、人との深いコミュニケーションが大きな意味を持つ。それが、口コミにもつながっていくのだと思います。

ーそのための具体的な取り組みは?

一般的には根管治療に使われることが多いマイクロスコープですが、当院では、これをほとんどの治療に使用したいと考えています。この機材を使う一番の利点は、真摯な治療ができること。拡大して診ることで精度が上がるのに加え、すべての治療が動画で記録されるので、患者様にもお見せできますし、自分たちも振り返りができます。 こうした情報の提供は患者様から信頼いただくためにも欠かせません。我々が信用されたいと思うのは当然のことですが、歯科医師と患者という間柄で、ただ人として信用してください、といっても難しい。だから、嘘のない状況をつくり、技術で信頼していただく。今後、マイクロスコープを使った治療は、歯科のスタンダードになっていくのではないかと思っています。

「一人で」から「一緒に」
周囲が驚くほどの変化

ー開業からこれまでの、大きな変化は?

私はもともと、職人タイプなんです。自分の技術に集中して、何でも一人でやってしまいがち。だから以前は、周囲に対しても「なんでできないんだ」と、できないことに否定的なスタンスでした。でも、それではダメだと気づいたんです。医療というのはチームですから。今は、「できない」ということを当たり前に考え、できることをみんなで見つけよう、できるシステムをつくろうという姿勢に変わりました。すると、だいぶ楽になりましたね。周りからも「変わりすぎだろ」と言われていますが、軸がしっかりしていれば、変わることが悪いわけじゃないと思っています。

ーどんな歯科医師に来てほしい?

これまで多くの方と仕事をしてきた中で、「仕事を一から覚えたい」という希望に応えるためのノウハウは整ってきたと思います。その上でこれからは、患者様を本当の意味で治すための「研究」を、一緒にしたいと考えています。私がこれまで経験してきた多くの成功や失敗を共有しながら、ディスカッションを重ね、一人の患者様に対してともに計画を立てながら診ていきたい。それを楽しみにしています。ぜひ当院で一緒に、歯科医療を追求しましょう。

Education
教育・研修体制

臨床に生きる確かなスキルを身につけるためには、「インプット(新人教育・セミナー参加)」に加えて「アウトプット(症例発表)」が重要。当院では、そのどちらもサポートしている。

Pick up インプット

教育プログラムを用意しており、新人歯科医師はカリキュラムに沿って丁寧に指導。加えて、外部セミナーや勉強会への参加も積極支援している(費用は原則全額支給)。

Pick up アウトプット

学んだ知識や技術は、実際の診療に即して「症例発表」をすることが重要。発表のために調べ物をしたり、誰かの意見を聞いたりすることで、自分の学びを振り返ることができる。当院では、月2回の勉強会など、院内外で症例発表の機会を多く設けている。

Pick up 経営ノウハウ

開業を目指している方にとって、特に「郊外型」の歯科医院経営が学べる環境。「患者様との向き合い方」に主眼を置き、地方で開業するためのノウハウを伝授する。

真の原因を探り、“治さない人をつくる”

当院の診療のコンセプトは、“治さない人をつくる”。そのために、予 防歯科と矯正歯科に特に力を入れています。重要なのは、真の原 因を追究すること。「なぜ虫歯になってしまったのか」「何が歯並びを 悪くしているのか」をしっかり捉え、正しい状態に導くための治療を行っ ています。悪くなったところを治したとしても、それは「治すフリ」。患 者様がずっと健康に過ごせるための、本当の予防をするのが私たち の役割だと考えています。

Y.C. デンタルクリニックを知る
3つのQ&A
- About Our Clinic -

Q1 子育てとの両立はできますか?

A1当院では、子育て中の歯科医師を応援。育児時短勤務制度の適用もご相談ください。通常の勤務時間でも、19時までには退勤可能。また、育休後の復帰も全面的にサポートしています。ライフステージに合わせて、女性が長く働ける職場です。

Q2 どんな機材がありますか?

A2歯科用CT やセファロ、マイクロスコープ(4台)など、最新機材をそろえています。マイクロスコープは、保険・自費を問わずほとんどの治療に使用。院長は臨床応用顕微鏡歯科学会に所属しており、ハイレベルな操作技術が直接学べます。

Q3 診療は担当医制ですか?

A3一人ひとりの患者様にしっかり向き合ってほしいから、当院では担当医制を採用。初診から治療計画の立案、メンテナンス管理まで一貫してお任せします。もちろん、不安な部分は院長や先輩がフォローするので、安心して臨めます。

医院情報

医療法人 誠信会

  • Y.C. デンタルクリニック愛知県弥富市森津12-2
山田 章貴先生が働く職場の求人情報はこちら

関連インタビュー

« TOPページへ戻る

山田 章貴先生が働く
職場の求人情報はこちら

クオキャリア歯科医師で
求人情報を見る »

« TOPページへ戻る