SEARCH
powered by
患者様に寄り添った理想の歯科診療が目指せる

医療法人社団 爽晴会

患者様に寄り添った理想の歯科診療が目指せる

千葉県の歯科医院「医療法人社団 爽晴会」に勤める橘 裕一郎先生のインタビュー記事です。人材育成のポイントや、理事長からのメッセージも掲載しています
歯科医師 橘 裕一郎

医療法人社団 爽晴会

歯科医師 橘 裕一郎 先生

東京歯科大学卒

本院と分院を兼務して多くの臨床に携わり、経験値をアップ。3年目に入った今年からはさらに広く学ぶため、外部の勉強会にも積極的に参加。

学べる環境と雰囲気の良さに魅力を感じて入職を決意

ーなぜ歯科医師を目指そうと?

私の実家は広島県の中心部から離れたところにあって、父が開業歯科医をしています。とは言え、「歯科医師になろう!」という強い気持ちがあったり、父から歯科医師になるように言われたわけでもなかったのですが、気付いたらこの道を目指していました。学生時代も国家試験に受かることに必死で、きちんとしたキャリアプランを考えるようになったのは、就職活動をする直前になってから。そんなスタートでしたが今は、将来的には実家の医院を継いで、地元の患者様のために働きたいと考えています。

ー当法人に入職したきっかけは?

最初は大学院に進学することも選択肢にあり、勤務医になるとは決めていませんでした。でも、まずはいろんな医院を見てみようと思い、合同就職説明会に参加。そこで出会ったのが当法人です。当法人の理事長と話をする中で伝わってきたのは雰囲気の良さ。また、患者様に寄り添った診療ができるということも自分に合っているなと感じて、後日見学に行き入職を決めました。どの分野もバランス良く学びながら、自費や外科処置にも挑戦できる環境だということもポイントでした。

先輩たちの親身なアドバイスで
日々の疑問や不安を解消

ー入職後は、どのように学んだ?

1年目はまず先輩のアシストに付いて基本スキルをしっかりと身に付けていきます。その後、徐々に自分の患者様を持たせてもらえるようになり、現在は本院と分院の「なないろ歯科クリニック」を行き来しながら経験を積ませていただいています。入職3年目になりましたが、勉強したいことはたくさんあります。当法人は歯科医師が多く在籍しているので、理事長や先輩から治療後に的確なアドバイスやフィードバックをもらえて、とても勉強になります。若手にとって、ありがたい環境ですね。

ー当法人ではどんな歯科医師を目指せる?

GP全般はきちんと身に付けられます。どの分野もまんべんなく、平均以上のレベルのスキルを学べるので、どんな症例にも対応できる歯科医師へと成長できます。それに、当法人は臨床経験をたくさん積めるのが特徴。理事長はよく「とりあえず、やってみなさい」と言って、私たち若手にもチャレンジする場を設けてくれます。守備範囲が広く、かつ平均値の高い歯科医師を確実に目指せる環境です。

歯科医師としてはまだ成長過程
全力を尽くし続けることが大事

ーこれまでに成長した部分は?

保険診療に関しては一通りできるようになったかなと感じますが、先輩たちに比べれば自分はまだまだ。患者様に対するコミュニケーションの取り方から治療の技術まで、自分のものにしたいスキルはたくさんあります。この2年間、自分としてはそのときの100%の力で常にやってきたつもりですし、きれいに処置ができたことを褒めてもらったこともあります。でも、振り返るともっとできたと思うし、その100%をこれからもずっと続けていくことが大事。だからこそ、自信を持って成長を語れるのは、これからだと思っています。

ー3年目を迎えて、今後の目標は?

今後はペリオをもっと勉強したいと考えています。歯科衛生士任せになりがちな分野ですが、自分で処置できるようになって、歯科医師としての幅を広げていきたいですね。そのためには、積極的に外部のセミナーに参加してみたり、他の開業医がどんな診療をしているのかを見たりして、知見を広げていきたいと考えています。もっと自分の修行の場を増やしながら、勤務医として経験を重ねていくことが当面の目標です。今はまだ、自分の歯科医師人生における準備期間。将来に向けたピースを集めているこの段階に、いろいろなことを教えてくれる先輩がいて、やりたいことにどんどんトライさせてくれる当法人と出会えたことは、本当に幸せだと思います。

Education
教育・研修体制

当法人で目指せるのは、歯科における総合診療医。患者様に対し、カウンセリングから治療、予防までワンストップで診られるよう、スキルに偏りのない歯科医師を育成している。

Pick up 基礎的スキルの習得

教育マニュアルやGP アカデミーなどを利用するほか、模型での実習を通じてしっかり基礎を習得。理事長の手厚いフォローの下、どんな処置でも「まずはやってみる」実践的な指導を通して成長できる。また、最新式のCT・マイクロスコープを備えており、経験の浅いドクターでも保険・自費問わず使用可能。

Pick up 手厚い勉強会

入職1年目の4月は毎週、基本スキルの勉強会を行う。その後も月1回ペースで勉強会を実施し、知識と技術をしっかりと定着させる。

Pick up ディスカッション

法人内には、分院長をはじめ歯科医師が多数在籍。勉強会では講義を受けるだけでなく、先輩たちに症例についての相談や質問が気軽にできるので、治療へのさまざまなアプローチを学べる。

Message
理事長からのメッセージ

理事長古橋 淳一 先生 広島大学歯学部卒

2000年
  • 広島大学歯学部卒業
  • 医療法人社団 不二見会 ふじみ歯科医院浦安診療所に勤務
2002年
  • 同法人 ふじみ歯科医院 南行徳診療所所長に就任
2005年
  • あおぞら歯科クリニック開院
2007年
  • 医療法人社団 爽晴会設立

日本歯周病学会/日本口腔インプラント学会/京セラ認定インプラント臨床マイスター

患者様のため、共に総合診療医を目指そう

当法人では、「患者様のためにベストを尽くす」という考え方が大前提。そのため、どんな症例に対してもベストな治療を提供できる歯科医師へと育成していきます。1~2年目は基礎をしっかり学び、それを土台に成長が期待できる3~5年目には大きくレベルアップを図ります。また、予防を重視しているため、メンテナンスまで処置できる歯科医師になれるよう指導していることも特徴。「患者様のために」という想いに賛同してくれる方を歓迎します。

医療法人社団 爽晴会を知る
3つのQ&A
- About Our Clinic -

Q1 当法人の自慢は?

A1スタッフ同士の「人間関係の良さ」です。人柄採用を行っているため、温厚なドクターが多く、みんなでランチをとったりすることも。他スタッフとの連携もスムーズで、仕事がやりやすい環境です。

Q2 自費診療も経験できますか?

A2新患数が多く、インプラントをはじめ自費の患者様も来院します。「焦らずゆっくりと、でも経験はどんどん積んでもらう」ことが当法人の教育方針。自分のペースで学びつつ、やりたい治療にもチャレンジできる職場です。

Q3 開業された方はいますか?

A3この10 年で8名の勤務医が開業しました。面倒見の良い理事長が、開業場所の選定から資金計画、業者選定まで包括的にアドバイス。開業したドクター8名はみんな、大成功しています。
橘 裕一郎先生が働く職場の求人情報はこちら

関連インタビュー

« TOPページへ戻る

橘 裕一郎先生が働く
職場の求人情報はこちら

GRANDEで求人情報を見る »

« TOPページへ戻る