SEARCH
powered by
他にない「武器」を身に付ける歯科業界初の働き方を提案

医療法人 福内会

他にない「武器」を身に付ける歯科業界初の働き方を提案

愛知県の歯科医院「医療法人 福内会」に勤める神谷 昇先生のインタビュー記事です。人材育成のポイントや、理事長からのメッセージも掲載しています
医局長 神谷 昇

医療法人 福内会

医局長 神谷 昇 先生

愛知学院大学歯学部卒

日本口腔外科学会認定 口腔外科認定医趣味はトレッキングで、休みの日には朝から山に出かける。

驚きの異端経営と
口腔外科認定医という武器の融合

ー経歴を教えてください

歯科医師として病院の口腔外科に勤めていた父の影響で、この道を志しました。大学卒業後は私も口腔外科で有病者歯科を担当していたのですが、主に急性期の方が訪れる病院だったため、一人の患者さんを継続して治療することができなくて。退院された後の経過が分からないというもどかしさから、訪問診療に関心を持つようになったんです。そんなとき、大学の同級生だった当院の理事長から「一人では限界がある。一緒に訪問診療を盛り上げていかないか」と誘われ、ここで自分のスキルを生かしたいと思い入職を決めました。

ー今取り組んでいることは?

最新の治療技術の習得、そして人財教育に力を入れています。「いかに他の歯科医院と違うことをするか、また従来の治療を高いクオリティで提供するか」というのが、理事長の追求していること。私も同じ考えを持ち、しっかり実践できるよう努めています。また、レセプト作成も勉強していることの一つ。正直なところ、以前はあまり「学ばなければ」という意識を持っていなかったんです。でもあるとき、理事長から「保険で食っているのに、保険を知らないのは馬鹿だ」と言われて。はっとしたのを今でも覚えています(笑)。日本の歯科医療は保険がメインなので、基礎知識として身につけるのは当たり前なんですよね。そういったこともきちんと教えてもらえるので、とてもありがたいです。

治療ができるのは当たり前 それ以上の付加価値が重要

ー当院の魅力は?

スタッフのチームワークですね。誰かが困っていたらすぐに助けの手を差し伸べたり、終わっていないことがあったらフォローしたりと、支え合う体制が整っています。また、メンバー一人ひとりが自分で考えて行動していることも当院の特徴。ゴミの捨て方一つにも、「どうすればみんなが快適に働けるようになるだろう」という想いが表れているんです。医院理念である〝Think!〞が浸透しているからこそだと感じます。

ー後輩にはどう指導していく?

まず、治療の〝芯〞となるものを持ってもらえるように導いていきたいです。新人の頃は、世の中にあふれているさまざまな治療法に戸惑い、何が正解なのか分からなくなってしまうもの。自信を持って「これ」と言えるものを見つけるために必要なのは、まず国や学会が定める指針やガイドラインを学んでいくことです。正しい情報を多く集めて、自分の中に基準をつくる。そして先輩たちと話し合い、広い視野を養う。そうすると、だんだん自分のスタイルが確立されていくんです。私が持っているスキルも伝えながら、それぞれの個性が最大限に生かせるようアドバイスしたいと思っています。

助け合う仲間がいるから
より良い治療を実現できる

ー今後の目標は?

より地域に貢献できる歯科医師になることです。目指すのは、高齢で寝たきりの方や病気をお持ちの方も適切な歯科医療を受けられる医院づくり。訪問診療へさらに力を注ぐとともに、一般の歯科医院では難しいとされている症例にも対応できるようになりたいです。また、近いうちに当院の院長を任せていただく予定なので、マネジメントやスタッフ教育も学んでいきたいですね。

ー求職者へメッセージを!

当院は最高に面白い! 苦しいこともあるけれど、「何かをつくり上げていく」「自分の武器を得る」という達成感と充実感にあふれています。開業を視野に入れている方も、ぜひ一度来てほしいですね。他の医院にはなかった、すばらしい景色が見えるはずです。さらに当院では「組織は人によって成り立っている」という考えの下、理事長自らが人を大事にされていて。スタッフが成長するためのしくみも、年々レベルアップしています。自分らしい働き方、キャリアプランを追求し、仕事を楽しめる環境ですよ。ぜひ一緒に、理想の歯科医師を目指しましょう。

Education
教育・研修体制

治療技術から経営の知識まで、多岐にわたる学びを得られる当法人。短期間で一人前になれる体制が整っているため、新人歯科医師が1 年間で医院のトップに上り詰めた実績も。

Pick up 患者さんを満足させる技術

歯科医師として成長するには、人間力を上げることも必要。患者さんを魅了する話術・診断・治療を教えます。

Pick up マネジメントの「答え」

開業した院長が悩むのは、スタッフマネジメント。院内の良い雰囲気を保たなければ、人財も長く続きません。当院では人間関係の構築を早期に経験可能。経営において大切なことを現場で体感できます。

Pick up レセプトノウハウ

日本の歯科医療では、保険診療が8 割を占めています。その請求方法を知らないということは、稼ぎ方を知らないのと同じ。新人歯科医師には、レセプトの基本からしっかり教えていきます。

Message
理事長からのメッセージ

理事長福嶋 翔平 先生 愛知学院大学歯学部卒

2009年
  • 愛知学院大学歯学部卒業
2011年
  • 朝日大学歯学部附属病院にて臨床研修
2012年
  • 愛知県内の歯科医院に勤務
2015年
  • ふくしま歯科開業
2017年
  • 医療法人 福内会設立

日本アンチエイジング歯科学会認定医/日本歯周病学会/ PAFの会

掛け算で成長する医療組織を目指す

口腔内スキャナーや3Dプリンターの開発、AIの進化、技術の発展など、目まぐるしく変化している歯科業界。これからは一人で1 億円の医院を目指すのではなく、集合体で10 億円以上の医院をつくる時代です。そうしなければ、資金力も成長スピードも追いつきません。当院には、やる気のあるドクターには自分の城である医院を持たせる「のれん分け制度」があります。開業して4 年、すでに初期のメンバーはそれぞれの医院を経営中。マネジメントや人財育成のシステムを共有し、組織全体でさらなる成長を図っています。

医療法人 福内会を知る
3つのQ&A
- About Our Clinic -

Q1 待遇について 教えてください

A1完全週休2日と3日の選択制を採っており、年間休日は最大170日。プライベートを謳歌したり、自己研鑽に励んだりと、自由に活用できます。また、高い水準の給与体系も魅力。経験4年目で月収130万円の実績もあります。

Q2 院内環境は?

A2CT、マイクロスコープ、位相差顕微鏡、口腔カメラといった治療機器・設備はもちろん、衛生管理のための機材も充実。診療中は口腔外バキュームを使用するなど、感染予防を徹底しています。

Q3 今後の医院ビジョンは?

A3海外展開を視野に入れるなど、まさに成長中の医院です。歯科医師の研修もゆくゆくは他国で行う予定。広い世界を見ることで柔軟な思考を養い、歯科医師としての可能性を高められることを目指しています。

医院情報

医療法人 福内会

  • ふくしま歯科愛知県清須市春日小塚西19
  • Four Leaves Dental Clinic愛知県一宮市大志1-13-11
神谷 昇先生が働く職場の求人情報はこちら

関連インタビュー

« TOPページへ戻る

神谷 昇先生が働く
職場の求人情報はこちら

クオキャリア歯科医師で
求人情報を見る »

« TOPページへ戻る